和歌山県立粉河高等学校 本文へジャンプ
粉河高校のホームページへようこそ

 まず、粉河高校がどんな高校か、簡単に紹介しましょう。

 粉河高校は、明治34年創立の旧制粉河中学校と、大正2年創立の粉河高等女学校を前身とする県下有数の伝統校で、平成12年10月に創立100周年を迎えました。

 校舎は、「植田が丘」と呼ばれる高台にあり、校舎の窓からは紀州富士・龍門山を望む素晴らしい環境に恵まれています。高等女学校から受け継いだチャペル風の同窓会館は、よく整った園庭とともにロマンティックな雰囲気を感じさせることでしょう。

 生徒たちに「粉河高校の良さ」を尋ねますと、「先生と話しやすい」「環境がいい」「良い友達がいて楽しい」といった答えが多く返ってきます。もちろん 「もっと校舎やトイレをきれいに」「ルールをきちんと守って」という厳しい意見もあり、今、生徒会を中心に、保護者の方々も参加して、これからの粉河高校づくりを話し合っているところです。

 「地域の方々の意見も聞き、生徒も参加する学校づくり」を目指す・・・それが粉河高校の特徴の一つかもしれません。そんな中、生徒会活動やボランティ ア活動、クラブ活動など生徒の自主活動も活発で、教科の学習はもちろんのこと、自分から進んで取り組む多様な活動を通して、個性的で実践力に富んだ人間形成が大切にされています。

 あなたは、どんな高校生活を望んでいますか?
  「思い切り好きな勉強に打ち込みたい」「クラブ活動で自分の良さを発揮したい」「勉強だけではなく、仲間といっしょにいろんな経験にチャレンジした い」「ボランティアをやってみたい」・・・粉河高校の学園生活は、そんなさまざまな思いにきっと応えてくれることでしょう。 「みんなで創る粉河高校」 は、これからどんどん新しく変わっていきます。

 変わる・変われる・・・可能性があることは、とてもわくわくすることですね。
 そんな粉河高校で、新しい自分・新しい学校・新しい社会づくりに参加しませんか。